日々の生活の中で緩和したいもの。

エストロゲンを分泌する妊娠時

ちょっとしたことがキッカケで頭の頭痛を感じることがあります。軽い痛みならいいのですが、急激に痛みを感じ、我慢ができないほどの痛みで、真っ直ぐ立つことができずに、吐き気がしたり、吐いてしまったり、様々な症状が広がる恐れがある片頭痛。

 

人ご意味や、換気の悪い場所、強い光、音、ニオイなどが引き金になる人も多いのですが、人によってはニオイだけでも強い痛みを感じてしまう人もいます。

 

実は遺伝が要因で起こる人もいるそうです。
特に生理時に片頭痛を起こしやすい人は、エストロゲンが略でなくなる閉経後は頭痛の頻度が減り、痛みも軽くなることが多いと話すために、鎮痛剤だけに頼るのではなく、女性の場合は生理に対する対策も必要なのかもしれませんね。

 

とくに妊娠中の場合はどうしてもエストロゲンが普段以上に分泌してしまうので片頭痛が起こりやすいと言われています。妊娠中に鎮痛剤の服用を避けざる得ないこともあるために、よりつらいじきになるために、育児ストレスや寝不足で妊娠前にかなりとダメージを受けてしまう。

 

片頭痛の痛みのメカニズムは、現在のところはっきりと解明はされていないのですが、ストレスなどにより頭の血管を取り巻く三叉神経が刺激され、痛み物質を放出し、それが彫っ感を広げて炎症を起こし、頭痛を引き起こすと言われています。

 

何はともあれ、痛みや生理はできるだ緩和したいもの。