どうして頭痛が起こるのか?

片頭痛の要因について

そもそもなんですが、どうして片頭痛が起こるのでしょうか?
たしかに片頭痛の痛みを感じた時のタイレノールなどの鎮痛剤を服用すれば緩和しますが、できることなら痛みは感じたくないものです。

 

片頭痛は多くの場合、ストレスや肩こり、寝不足といった体調をくずすような要因がキッカケで発症することがわかっています。その中で整理が影響して女性の場合は多く片頭痛が起こるために発症率がかなり高いとのこと。

 

生理時や排卵日は女性ホルモンのエストロゲンの血中濃度が急激に変オヅすることで、この落差が片頭痛の発症の引き金になると考えられている。生理前に多くの人がむくみや甘いものが食べたくなる、あくびができ等の症状を訴えるときは片頭痛や偏頭痛の全長と言われているために、症状が起こる前にタイレノールなどの鎮痛剤を服用した方がいいと言われています。

 

これらの症状は、脳でホルモン分泌や自律神経をつかさどる視床下部が引き起こすと考えられ、女性ホルモンの急低下以外に何らかの原因で心身のバランスが崩れることもわかっているために、毎日のように強い痛みを感じた場合は鎮痛剤に便る前に、まずは内科で診てもらうこと。