胃の粘膜を痛めないタイレノール

胃の副作用が少ない「タイレノール」

片頭痛の痛みに耐えられない時に鎮痛剤のタイレノールを服用しています。
薬

 

25歳の女性ですが、片頭痛の悩みを感じるようになったのは20代に入ってから。
私的にはかなり深刻な悩みで、職場でも自宅でも急に頭が痛くなり我慢ができないほどでした、、、

 

立っていると頭の両側がズキンズキンと脈打つように痛みを感じ、症状がひどいときには吐き気が合ったり、吐いたりするもある。
悩み

 

特に生理中が一番ひどく、何の前兆もなく急に冷や汗が”すぅー”と出てきて、急に頭を抱えるくらい痛みがでてくるです。

 

あまりにも痛みが強い朝は、仕事を休む時がありました、、、
横になっていればある程度の痛みは緩和しますが、仕事を休むと職場の同僚に迷惑をかけるし、心配を掛けてしまうためにあまり休みたくない。

 

 

そんなことから服用を始めているのが鎮痛剤のタイレノールです。

 

鎮痛剤と聞くと「ロキソニン、バファリン、イブA錠」などを利用する人が多いかと思います。
実際に私も最初(1年前)は、ロキソニンを服用していました。

 

 

片頭痛や生理痛などの痛みが我慢できない時に、ロキソニンなどの鎮痛剤の薬を服用すると、かなり効き目がでて痛みを和らげてくれます。

 

しかしある程度、服用を続けていると、頭の痛みは緩和してくれるのですが、副作用で胃の痛み(胃潰瘍)が起こっていたんですね。

 

 

これはどうしてなのか?

 

「ロキソニン、バファリン、イブA錠」の効果としては、プロスタグランジンの生成を抑制することで鎮痛効果を発揮してくれます。
タイレノール

 

このプロスタグランジンとは、人間の様々な組織や器官に存在し、都合が悪いことが起こることで、痛みを起こしてくる。

 

しかし、このプロスタグランジンは胃の粘膜を正常に保つ働きをしているために、「ロキソニン、バファリン、イブA錠」を服用すと、たとえ痛みは緩和したとしても、胃の粘膜が弱るため、胃壁が荒れやすくなり、ひどい場合は「胃潰瘍、胃ガン」を引き起こすことがわかっているそうです・・・。

 

 

私もロキソニンを2〜3ヶ月ほど服用し始めた頃から副作用を感じていました。
タイレノール通販で購入※価格が安い個人輸入

 

たとえ頭の痛みを抑制したとしても、服用を続けていると胃の痛みが起こってしまうのなら意味が無い、、、
でも鎮痛剤の薬の服用を辞めると、また片頭痛の悩みに苦しんでしまう、、、

 

 

そんなことから服用しているのがタイレノールなんですね。
つまり”鎮痛剤の効果があり”、”胃の粘膜を痛めることが無い”ということになります。
薬

 

タイレノールの有効成分がアセトアミノフェンで解熱鎮痛剤としての効果があり、副作用が少ないために小児科などでも処方されている唯一の解熱剤とのこと。

 

タイレノールはプロスタグランジンとは関係なく、脳内の一部である中枢性を抑制することで、鎮痛作用があるとされています。

 

プロスタグランジンが関係しないから胃が荒れないため、私はタイレノールを利用しています。

 

タイレノールの詳細・購入について>>>

 

 

 

 

タイレノールの購入「ドラックストア?通販」

タイレノールの購入についてですが、私は近くのドラックストアーを利用しております。
ドラックストアー

 

標準価格は1箱(10錠入り)で791円。
1錠で計算すると約80円。

 

 

タイレノールを服用することで、片頭痛の痛みを緩和してくれるために、そこまで購入については違和感を感じていませんでした。

 

が、インターネットの通販サイトで、あるお店で販売されている同じタイレノールを見てビックリしました。。。
こちらは国内のOTC医薬品で販売されているタイレノールとは異なり、海外で製造しているタイレノールを販売しています。

 

通販というよりも個人輸入代行になると思いますが、かなり安い価格で購入することができる模様。

 

お店によって価格は微妙に異なるのですが、1箱(100錠入り)で約1,800〜2,000円で販売されており、1錠の価格が約18〜20円。

 

同じタイレノールで、主要成分もアセトアミノフェンが含まれているのに、国内と海外ではこんなにも価格の差がでている。

 

 

そのため、タイレノールを毎回のように服用しているけど「価格が高すぎる!!」と感じている人に、タイレノールを通販(個人輸入)で購入するのも一つの手段としてはいいのかも。

 

 

海外の薬を個人輸入で薬を購入する場合、本人の使用に限る場合は使用は許可されているそうです。

 

しかし、自己責任となるため、購入する前は「効果、副作用、服用方法」など、詳しく調べたのち、十分に必要性があるのかを検討することが重要になると思います。

 

タイレノールの詳細・購入について>>>